事前購入を忘れずに|犬や猫の薬は個人輸入代行で手に入れよう!

犬や猫の薬は個人輸入代行で手に入れよう!

事前購入を忘れずに

茶色の粉薬

猫の薬や人の薬を通販で購入する際に利用する個人輸入代行というサービス、このサービスを利用することで非常に簡単に海外から薬を輸入できますが、注意しないといけない点というのも存在しています。

それは、海外から薬を購入する為、商品の到着まで非常に時間がかかるという点です。
通常の通販であれば商品注文後に倉庫から商品を探し、見つかった商品を包装して注文者のもとに郵送を行う、という手順の為、基本的に注文後2〜3日ほどで商品はやってきます。
しかし個人輸入代行を利用した場合、商品を注文した後に海外に存在する代行業者と呼ばれる企業が海外の製薬会社や薬局に「この薬を〇個送ってくれ!」と連絡を取り、その薬が送られてきてから注文者のもとに郵送されてきます。
その為、通常の通販と比較すると手元にやって来るまでの間に様々な場所を経由してから薬がやってきますし、経由する場所も海外から海外に行ったりと、非常に長距離の移動となるのです。
なので、個人輸入代行で薬を購入した場合は基本的に「注文から2週間」ほどで薬がやって来ると言われています。

その為、フィラリア予防薬のような必要となる時期が大まかにわかる薬の場合、前もって薬を購入しておき、必要になった時に使えるように事前購入を行っておく必要があります。
また、万が一購入を忘れてしまった場合も「2週間の間絶対に蚊からペットを守る!」と変に意気込むのではなく、今回は運が悪かったと考えて動物病院に連れて行き、予防薬を処方してもらうようにしましょう。